<政治・社会>小さな政府?

僕はしょっちゅう訪問し、いろいろと楽しませてもらっているウチダ先生のブログであるが、どうにもウチダ先生は具体的な政治の話となると、ときどきポカをやらかしてしまう。

たとえば、このエントリであるが、ここでのウチダ先生が『朝日』の購読を止めたという話はどうでもよくて、問題は先生の「小さな政府」論である。

ウチダ先生は日本では「大きな政府」というのがそもそも不可能であり、国民は政府のダウンサイジングを選択したとの意見を述べておられる。が、あちこちで指摘があるように、日本の政府は既に非常に小さいというのが実情である。疑問に思う方は、以下のサイトを参照されたい。

http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200508251149164

http://bewaad.com/20050811.html#p01

ここ最近、国家公務員の数を削減する話が浮上し、経済財政諮問会議の要求する削減水準よりも低いことが問題とされている。ところが、この経済財政諮問会議の面々はどうにも国家運営を企業経営の延長線上で考えてしまうので、企業のコスト削減の感覚で安易に財政支出や公務員数の削減を主張してしまう。

また、マスコミにしても重度の構造改革病にかかっているので、そもそも政府の適正規模はどの程度なのかという議論をすっとばして、政府は小さければ小さいほどいいという強迫観念的な主張を繰り返す。

正直、身近に付き合いがあるぶん公務員という存在にはあまり好感は持ってないし、不愉快な目に合わされることも少なくはない。しかし、それでも彼らの殆どが真面目に職務を遂行し、残業をこなしていることは認めざるをえない。結局、以前のエントリでも書いたように、スケーブゴート第一弾として、公務員に対する攻撃が本格的に始まったということなのだろう。

さて、次の「敵」は誰なんでしょうかねぇ。
[PR]

  by seutaro | 2005-10-05 00:32 | 政治・社会

<< <日常>しんどい・・・ <ネタ>愉快な二人 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE