<メディア>高校野球とボクシング

 僕はスポーツには非常に疎いのだが、季節柄、こんなエントリを立ててみる。

 今年の高校野球はなかなかに面白く、とりわけ決勝戦+再試合にはそれなりに興味を
もって報道に接していた。

 他方、僕はまったく興味をもたなかったのだが、亀田三兄弟の次男が、インドネシアの
(週刊誌によると1勝1敗1分けの)チャンピオンを1回でノックアウトしたのだそうだ。

 そこでブログなどを見ていると、「高校球児のひたむきさに比べて、なんだあの商業主
義にまみれた亀田三兄弟は・・・」というようなエントリが散見される。

 たしかに、先の亀田長男の世界チャンピオンになった経緯などを見ても、メディアによっ
て創られたチャンピオンだという雰囲気がむんむんしている。亀田次男が試合終了後に
熱唱するのも、スポーツファンから見ればふざけているとしか言えないのではないだろう
か。

 その一方で、高校球児たちの闘いは、真剣そのもの。しかも、勝った相手を褒め称える
というスポーツマンシップも健在だ。

 しかし、高校野球が全くもってメディアによって創られていないか、というと必ずしもそう
いうわけではない。高校野球は、紛れも無い「メディア・イベント」だからだ。

 メディア・イベントとは、そもそもダニエル・ダヤーンとエリフ・カッツというマスコミ研究者
たちが提唱した概念であり、メディアによって報道されることを前提としたイベントのことを
指す。ダヤーンらはメディア・イベントをいくつかに類型化しており、オリンピックなどのスポー
ツは、「競技型」のメディア・イベントである。

 ただし、ダヤーンらのもともとの定義は、あくまでイベントの主催者はメディアの外部に
おり(オリンピックの場合だと国際オリンピック委員会)、メディアはあくまでそれを取材す
る側だということになる。

 それに対し、日本の研究者は、メディア自体が主催する「メディア・イベント」の存在を指
摘した。毎日新聞社と朝日新聞社が主催する高校野球はその際たるものだ。読売新聞社
が関東学生陸上競技連盟と共催している箱根駅伝もそれに近い。

 さらに言えば、亀田兄弟の試合も、実質的にはTBSの主催であると言ってもよいのでは
ないだろうか(リングのマットにあれだけでかでかとTBSと書いてあるわけであるし)。

 こうしたメディア・イベントにおいて重要なのは、それが人びとを感動させる「物語」を生み
出せるか否かという点だろう。亀田兄弟の「感動秘話」は、TBSにより腐るほど放送されて
いるわけだが、高校野球にしても例外ではない。

 チームの士気が下がるなか、泥だらけになりながら自らノックを受けてみせた早実の監
督。「監督にそこまでさせるなんて」と号泣する野球部員。こうしたエピソードが、大会期間
中には次から次へと報道される。テレビ朝日「熱闘甲子園」は、まさにそうした物語を生み
出すための重要な装置である。

 けれども、高校野球の場合、その勝負がガチであるがゆえに、どのような物語が生み出
せるかは偶然に左右されるところが大きい。たとえば、今回の大会で最も物語性を有して
いた高校の一つである八重山商工が準決勝ぐらいまで進んでいたとしたら、メディアはこ
の高校に関する物語を山ほど報道したことだろう。

 したがって、ドラマ性に欠き、それほどカリスマ性のない選手の多い高校ばかりが上位に
進出した場合、どうしても高校野球は盛り上がりに欠け、人びとの注目も集まらない。

 そうしたリスクを回避するためにはどうすればよいのか。それは、最初からあるチームに
スポットを当て、なにが何でもそのチームに勝たせていくということになるだろう。

 地方大会が始まるはるか以前からそのチームに密着取材し、大会が進んでいくにつれ
て「成長する」選手の物語を創っていく。チームの一人一人に「キャラクター」を持たせ、お
茶の間に選手の名前を浸透させる。無論、途中で負けてもらっては話にならないので、絶
対に勝てそうな相手ばかりをぶつけるし、審判にはそのチームに有利な判定ばかりをして
もらう。このようにすれば、かなりの確率でドラマ性に満ちた「高校野球物語」が出来上が
るだろう。

 もちろん、これは亀田三兄弟の「物語創出プロセス」を、高校野球に適用した場合の話
だ。実際には、高校野球ではそんな演出は不可能だろう。けれども、高校野球にも存在し
ている「物語創出プロセス」に付随するリスクを可能な限り最小化していくと、亀田三兄弟
が出来上がる。その意味で、亀田三兄弟は、是が非でも物語を生み出そうとするメディア
の欲望がもっとも如実に表れた事例に他ならない。

 もっとも、亀田三兄弟の場合、その創出プロセスがあまりに露骨な演出に満ちているが
ゆえに、多くの反発を生じさせているわけであるが。
[PR]

  by seutaro | 2006-08-23 07:51 | メディア

<< <日常>若人との会話 <日常>ありふれた日々 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE