<政治・社会>首都大学東京、通称クビ大について

今日の『毎日新聞』朝刊の東京版には次のような記事が掲載れているので、ちょっと長いが引用してみよう。

理事長予定者が問題発言 首都大応援団設立総会で
 来春開学予定の「首都大学東京」をサポートする会員制クラブ「the Tokyo U-club」が19日、都庁で設立総会を開いた。会長に就任した高橋宏・理事長予定者はあいさつの中で「大学全入時代、学校さえ選ばなければバカでもチョンでも、そこそこの大学に入れる時代が3年後に来る。首都大学東京は世界の共通の財産。有識者の声を反映した、いい大学にしたい」と発言した。「チョン」は韓国人・朝鮮人に対する差別的表現とのとらえ方もあり、今後、批判が出る可能性もある。
 また、石原慎太郎都知事は祝辞で都立大のCOE返上問題に触れ、「一部のバカ野郎が反対して金が出なくなったが、あんなものはどうでもいい」と述べた。都立大でフランス文学やドイツ文学を担当する教員に首都大の構想に批判的な教員が多いことに関して「フランス語は数を勘定できない言葉だから国際語として失格しているのも、むべなるかなという気がする。そういうものにしがみついている手合いが反対のための反対をしている。笑止千万だ」と話した。【奥村隆】
(2004年10月20日『毎日新聞」朝刊)

僕は都立大学には縁もゆかりもない人間だが、都立大学の件についてはそれなりに興味をもって接してきた。この高橋宏という人物が大学の理事長にふさわしい人物かという点からしてそもそも怪しいのだが(たとえば、ここを参照)、このおっさんの「問題発言」については特に言うことはない。まぁ、この程度の人間だということだ。
この記事でより興味深いのは石原都知事の発言だろう。こういう「思いつき」でしか物事を話せない人間が、地味だけれども高い研究・教育水準を保ってきた都立大学をぐちゃぐちゃにするというのは本当にやるせない。
もちろん、大学の先生にも怠慢なのはいるし、改革すべき点は数多くあるのだろう。だが、このクビ大関連の悲劇は、世間一般に敷衍している「象牙の塔」や「学者」といったステレオタイプに基づいて、学問や教育について真剣に考えてもこなかったし学んでもこなかった政治家やその取り巻きのリーマン上がりが、単なる「思いつき」で「改革」とやらを断行しようとしている点にあるのだろう。
ま、それ以前に、石原都知事にはホント、品格もなければ想像力もない。このおっさんが語る徳育って、いったい・・・。
[PR]

  by seutaro | 2004-10-20 23:13 | 政治・社会

<< <学問>論文締切り間近 <歴史>「南京大虐殺」について... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE