<日常>つわり

 イギリスの社会史研究によれば、20世紀初頭ぐらいまで、労働者階級の人たちのなかには、「つわり」は男にも発生すると信じていた人たちもいたようだ。

 「うちの旦那は絶対つわりよ。だって、最近、元気ないもん」

 なんていう発言が記録されていたりする。

 イギリスの当時の状況はさておき、妻がつわりになると夫の負担が大きく増えて、とても疲れるのは確かだ。とくに既に子どもがいるばあい、家に帰ってきてからのほうが仕事をやっているあいだよりも疲れるぐらいだ。

 というわけで、僕はいまけっこう疲れている。もちろん、僕自身はつわりではない。もう2ヶ月近くこんな状態なのであるし、そろそろ終わってくれると助かるのだが…。
[PR]

  by seutaro | 2008-05-31 08:44 | 日常

<< <政治・社会>「上から目線」論... <政治・社会>「上から目線」論... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE