<政治・社会>航空幕僚長のレポート

 時期を逸しての話題であるが、田母神航空幕僚長のレポートに関する問題について。
 そもそも、既存研究の整理や引用箇所の明示など、論文の基本的なマナーができていないあの文章を「論文」と呼ぶのはかなり抵抗がある。学部生の卒業論文で「あれ」が出てきたら、叱責するだろう。というわけで、あれをここではレポートと呼ぶ。

 しかしだ、以前のエントリにも書いたのだが、この手の歴史観はある種の「自虐史観」であるとしか思えない。この歴史観から浮かび上がってくる大日本帝国というのは、なんと愚かで、主体性のない国なのだろうか。戦略性のカケラもなく、ただただ他国の謀略に引っかかるだけの存在である。「お人よし」なんてのは、国際政治上では誉め言葉ではないだろう。ましてや、「航空幕僚長」の立場からすれば。

 そんでもって、これも前に書いたことだが、植民地の統治に関する記述について気になることがある。ここは本文を引用しておこう。

戦後の日本においては、満州や朝鮮半島の平和な暮らしが、日本軍によって破壊されたかのように言われている。しかし実際には日本政府と日本軍の努力によって、現地の人々はそれまでの圧政から解放され、また生活水準も格段に向上したのである。(改行)我 が国は満州や朝鮮半島や台湾に学校を多く造り現地人の教育に力を入れた。道路、発電所、水道など生活のインフラも数多く残している。また1924 年には朝鮮に京城帝国大学、1928 年には台湾に台北帝国大学を設立した。
(出典)http://www.apa.co.jp/book_report/images/2008jyusyou_saiyuusyu.pdf

 要するに、この人は圧政から解放され、生活水準さえ向上させてくれるのなら、民族の独立とか自決などは二次的な問題なのだと考えているのだろう。

 仮に日本の経済がこのままガタガタになって、失業者が溢れ、さらになぜか軍事独裁政権のもと圧政が敷かれるようになったばあい、この人は日本を永続的に他国の一部にしてもらうことで圧政を打破し、生活水準を向上させることを選択するのだろうか。

 要するに、こういう「生活水準を上げてやったのだから、ガタガタ言うな」的発想の根底には、ある種の拝金主義がある。「生活水準」というカネの論理に立脚できるなら、他の民族の尊厳を踏みにじってもよいとの発想だ。こうした札束で他者の頬をひっぱたくような言説が、抵抗なく保守論壇で受け入れられているとするなら、そこには深刻な精神的堕落の兆候が見出されるのではないだろうか。

 これも前に書いたことだが、そもそも戦前の日本において、民族派と呼ばれる人たちのなかにも、朝鮮の独立運動に同情を示す人たちがいた。自分の民族を愛するがゆえに、他者のナショナリズムにも理解を示すことが出来たということなのだろう。彼らがいまの拝金主義的ナショナリストの姿を見たら、嘆き悲しむのではないだろうか。

 まあ、そもそもナショナリストではない僕がこういうことを書くのも何なのだが…。 
[PR]

  by seutaro | 2008-11-06 02:48 | 政治・社会

<< <日常>どうして雨なんですか~? <ネタ>子供の数だけ親に投票権を >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE