<日常>家族のためのマンション選び2

 さて、家族のためのマンション選び、第2回目である。今回は、物件選びのファーストステップから。

 なにをさておき、家を決めるさいの最初にして最後の要件は「立地」である。職場からの距離、駅からの距離、実家との距離、住環境、などなど、考えるべき要件は数多い。

 もちろん、職場や実家からの距離については千差万別なので、とりあえずここでは措くことにして、まずは住環境、とりわけ安全面について考えてみよう。最近では、治安や災害に関して、ネットで豊富に情報を収集することができる。

 最初に考えたいのは地震。言うまでもなく日本は地震国であり、普段は気にしなくても、突然に地面が揺れるとやはり焦るものである。というわけで、東京の地震の揺れやすさマップのURLなど。他の道府県についても内閣府のHPで確認できる。

http://www.bousai.go.jp/oshirase/h17/yureyasusa/tokyo.pdf 

 これを見て、「お、うちは揺れにくいらしい、よかった~」などと思うのはまだ早い。ひょっとしたら、あなたの家は活断層の上に建っているかもしれないのだ。というわけで、活断層データベースのURLなど。

http://riodb02.ibase.aist.go.jp/activefault/index.html

 実はこのデータベースで見ると、わりとうちの近所まで某活断層がやってきているのであった。やめてほしいよね、まったく。

 さて、地震には比較的強かったとしても、災害はそれだけではない。最近のゲリラ的豪雨の結果、近くの川の堤防が決壊、家が水浸しなんてことも。もちろん、マンションの上階に住んでいれば住居が被害に遭うことはまずないだろうが、1階部分や機械式駐車場なんかが浸水してしまえば、修繕費用は当然、住民全員にのしかかってくる。

 そこで、東京の洪水ハザードマップと、多摩川で洪水が起きた場合の浸水想定区域のマップのURLも貼っておこう。

http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/suigai_taisaku/index/menu03.htm

http://wwwsj.keihin.ktr.mlit.go.jp/keihinGIS/gismap/tama/mainframe.html


 ちなみに上記の多摩川のマップはプラグインソフトをインストールしないと見ることができない。プラグインソフトは下記のページでダウンロードできる。

http://wwwsj.keihin.ktr.mlit.go.jp/keihinGIS/plugindownload.html


 これらのデータを総合してみると、うちのマンションが洪水被害に遭う可能性は、それなりに高いことがわかった。う~ん、ちと凹みますな。

 さて、言うまでもなく、世の中の災難は天災に限った話ではない。人災についても考える必要があるだろう。そこでまず考えたいのが、大気である。空気の悪いところで子どもを育てるのは、やはり心配だ。

 そこで、有害大気汚染物質マップのURLをば。ちなみに、このサイトでは自動車騒音などもチェックできる。にしても、このサイト、ちとサーバーが貧弱な気がするのは気のせいだろうか。


http://www-gis.nies.go.jp/air/yuugaimonitoring/top.asp


 人災といえば、忘れてならないのが犯罪である。犯罪については、警視庁の発表している犯罪発生マップのURLを貼っておこう。


http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/toukei/yokushi/yokushi.htm


 というわけで、いろいろなデータベースを紹介してきた。あなたの居住している、あるいは居住したいと思っている地域は、全ての安全基準を満たしていただろうか。・・・・・・ここまで書いてきて、こんなことを言うのも何なのだが、そういう人はほとんどいないのではないかと思う。

 もちろん、上で挙げたさまざまなリスク要因を頭の片隅にでも置いておくことは必要だろうが、そんなことばかり考えていたら、家族にとってとんでもなく不便なところに住むことになりかねない。あえて言えば、上のマップを全てを見なかったことにする、というのもアリなんじゃないだろうか。

 そこで次回は、居住地選びについて、利便性や快適さという観点から考えてみることにしたい。
[PR]

  by seutaro | 2008-11-23 23:48 | 日常

<< <政治・社会>老人の、老人によ... <メディア>小中高生の暴力行為... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE