カテゴリ:ネタ( 15 )

 

<ネタ>これはいい

 ネットの一部で話題のこのスレッド。

「うちの母ちゃん凄いぞ」
http://mudainodqnment.blog35.fc2.com/blog-entry-804.html

 実はPart5まであって、読むのにかなりの時間がかかる。それでも、一気に最後まで読んでしまった。面白いので、結構お勧め。
[PR]

  by seutaro | 2009-04-26 01:26 | ネタ

<ネタ>子供の数だけ親に投票権を

 先日、いつものように喫茶店で読書をしていると、こんな会話が耳に入ってきた。

 「年金をもらいはじめて15年。もう元は取ったかな。まあ、あと20年ぐらい生きて、しっかり貰わないと。ガッハッハ」

 まあ、こういうことはあまり言いたくはないのだが、正直に言って、少々腹立たしかった。我々の世代の年金なんてどうなるやらまったくわからないのに、現役世代の負担になることを胸を張って公言している・・・。もちろん、早く死ねとか言うつもりは毛頭ないのだが、もう少し、申し訳なさそうな態度でも良いのではないかとも思うのである。

 実際、年金や社会保障の負担で世代間格差があるのは良く知られている。ネットで調べていると、こんなページもあった。

b0038577_23231834.jpg


 そんなことを考えていたところ、ここで、今週の『東洋経済』に「子供の数だけ親に投票権を」というコラムが掲載されていることを知った。もうすぐ2児の父となる身としては、なかなかに魅力的な提案ではある。老人パワーだけで国を動かされてなるものか、という問題意識は痛切にわかる。

 それにしても、だ。そのばあい、たとえば子どもが1人の家庭はどうなるのだろうか。

夫「ついに我が家にも投票権が3つやってきたぞ。この日をどれだけ待ったことか…」

妻「ホントよね。これで現役世代の声が少しは政治に反映されるようになるのかしら」

夫「そりゃ、なるさ。我が家だけで、○○党に2票は入るんだしな」

妻「ちょっと待って。私は××党に入れるわよ」

夫「いやだから、俺の分と子どもの分で○○党に2票だよ」

妻「なんで子どもの分の投票先をあなたが決めるわけ?」

夫「えっ、いや、そりゃ、そうだろ。君はテレビでバラエティばっか見てるじゃないか。俺はニュースもちゃんと見てるし、政治に関心あるし・・・」

妻「バラエティばっか見てちゃ駄目なわけ!?

夫「いや、ほら、む、昔からこういうことは男が決めるって相場が決まってるんだよ」

妻「どこのどいつがそれを決めたのよ!貴方って、意外と古い考えなのね。ていうか、それって男尊女卑?」

夫「いや、だからさ、ほら、向き不向きとかあるじゃないかさ、男と女で」

妻「なに、女は馬鹿だから選挙のことなんか、考えるなってこと?そんな人と一緒に暮らしていけません!!!」

夫「ぐあああああああああああああ」

というような家庭内不和が起こらないよう、子どもの分の投票権の行使には慎重を期したいものである。
[PR]

  by seutaro | 2008-10-20 23:49 | ネタ

<ネタ>顔ちぇき!

 携帯のトレンドについてはとんと疎いのだが、新聞で知った「顔ちぇき!」というのをやってみた。

 要するに、携帯のカメラで撮った顔写真データをメールに添付して送ると、顔写真の解析ソフトが似ている有名人を探し出し、それを返信してくれるというものだ。無料かつ登録も不要なので、さっそくやってみた。

 結果は・・・

 ・・・

 ・・・

 一番似ていると判断されたのが上田晋也58%であった。

 が、2位の中村勘太郎も58%。3位の増沢望(誰だそれは)が56%であった。

 この結果に対して、どういう反応を示すべきなのかは正直よくわからないのだが、なんとなくあまり楽しくない。

 ともあれ、このサービス、すぐにできるので、興味のある人はお試しあれ。
[PR]

  by seutaro | 2007-05-29 01:36 | ネタ

<ネタ>成果主義型年金制度

-言うまでもなく、このエントリはフィクションです-

 彼は分譲マンションの購入を予定していた。専業主婦の妻に2人の子ども。それぞれの子どもに勉強部屋を与えるために3LDKの部屋を購入した。もちろん、彼や妻の部屋は寝室だけだ。でも、郊外の、しかも最寄駅からバスで15分もかかるマンションが精一杯だった。
 楽しいはずのマイホーム購入。けれど、彼の心は晴れない。新居からの通勤時間はドアtoドアで1時間40分を越える。しかも、その間は殺人的なラッシュに耐えなくてはならない。
 そういえば、同僚のAも分譲マンションを買うと言っていた。けれども、Aには子どもがおらず、共働きの奥さんがいるだけだ。将来的にも子どもをつくる予定はないそうだ。聞けば、都心の高層マンションの2LDKの部屋を買うらしい。彼には逆立ちしても手が届かない額の部屋だ。その部屋から職場まではわずか2駅、ドアtoドアでも25分で会社に着くようだ。
 彼は何となく不公平な気がした。もちろん、子どもを作ったのは別に社会のためだとかそんな大層なことを思ってのことではない。けれども、次世代の社会に2人の子どもを立派に送り出すであろう自分が郊外の安い3LDKに4人で押し込められ、典型的なDINKSのAが都心の高級物件に住む・・・というのは何か間違っていないだろうか。彼はふと、そんな想いに駆られた。

 30年後、彼はどういう運命のいたずらか与党の有力政治家に転身していた。総裁選を前に、彼は30年間暖め続けてきた構想を打ち上げ、首相の椅子を目指した。その構想こそが、「成果主義型年金制度」であった。
 30年後の日本は少子高齢化がさらに進行し、年金制度は崩壊の危機に瀕していた。年金で暮らす高齢者は増加を続ける一方、その年金制度の担い手である勤労者は減少を続けており、根本的な制度設計の変更が求められていた。
 そこで彼はこう述べた。「『成果』に応じて、年金受給額を決定しようではないか」
 年金制度の存続にあたっては、年金を支払うのみならず、次世代の再生産が不可欠である。したがって、子どもを産んでいない夫婦には年金を受給する資格がない、と彼はまず主張した。事実、ドイツなどでは子どもの数に応じて年金受給額が加算される制度が採用されている。
 しかし、と彼は続ける。単に子どもを産んだだけでは、年金の受給資格として不十分である。なぜなら、その子どもがきちんと年金を納めていることが、制度の存続には不可欠だからだ。たとえば、子どもがニートやフリーターで、年金を納めていない場合、いくら子どもがいたとしても年金制度にとっては何のプラスにもならないではないか、と彼は言う。
 そこで、彼が提唱するのが、所得に応じて年金の支払額を変えるという制度変更を前提とする、子どもがいくら年金を払っているかで親の年金受給額が決定されるという「成果主義型年金制度」である。
 だから、子どもが高額所得者で莫大な年金を支払っている場合、たとえ子どもが一人であっても、その親は高額の年金を受け取ることができる。高額の所得を得ることができるような子どもを育てることに成功した親の「成果」に対して、国は年金をより多く支払う、というわけだ。無論、子どもの数が多ければ多いほど、トータルでの年金受給額は増える可能性が高いため、少子化の抑制にも繋がるだろう、と彼は論じた。
 こうした彼の提言に対しては、「子どもを産みたくても、持てなかった親が気の毒だ」との批判が寄せられた。それに対して彼は「そうした気の毒な事例が存在していることは承知している。したがって、その場合、不妊治療にどれだけの額を費やしたかを考慮した上で、たとえ子どもがいなくても年金受給額を加算する。また、養子を取った場合にも、その子の年金納付額は、親の年金受給額に反映させる」との修正を行った。

 そして、総裁選。彼は大差で、ライバル候補に敗れた。一般の党員の支持が殆ど得られなかったからだ。そしてさらに、彼は次回の選挙でも落選し、政界を引退した。議員年金は既に廃止されており、全てを失った彼は議員宿舎から郊外の3LDKに戻った。成果主義型年金制度を提唱した彼の不人気は想像を絶するものであり、彼の派閥の一員だった議員ですら、もはや彼に近寄ろうとはしなかった。
 築30年以上経ったバス便のマンションは、空室が多く、全面改装する費用も集まらなかった。管理人がいないため、チラシが散乱した郵便受けの前で、久しぶりにかつての同僚Aからの手紙を受け取った。このマンションからインターネットに接続できなくなって以来、連絡手段は電話か手紙しかない。ダイヤルアップ用のモデムなどすでに手に入らなくなっているし、携帯電話のアンテナは30年前の入居以来、ついに一本も立たなかった。
 Aは都心の10年ほど前に都心のマンションを結構な額で売却し、いまはまた別の高級マンションに移っている。なんでも、移転先のマンションは高齢者用のサービスを売り物にしており、様々な介護用ロボットが標準装備となっているらしい。
 彼は手紙を読み終わると、それを細かくちぎり、足元に捨てた。どうせ、ゴミがちょっと増えるだけの話だ。それにしても、娘と息子はもう何ヶ月も連絡してこない。俺が倒れても、連中は介護になんて来てくれないだろうな・・・。
 ため息をつきながら自分の部屋へと戻る彼の横を、安値で部屋を買い叩いて最近入居したらしい、怪しげな風体の男が通り過ぎていった。

(おわり)
[PR]

  by seutaro | 2006-08-12 01:35 | ネタ

<ネタ>スパムのオンパレード

う~ん、さすがにこういうスパムはまだ来てないかな。しかし、最近のスパムの多さはほんと、どうにかしてほしい…。
[PR]

  by seutaro | 2006-05-27 13:45 | ネタ

<ネタ>憂鬱な未来

さっき書いたエントリから着想を得て、ちょっと憂鬱な未来を描いてみた。まあ、こんなことにはならないだろうけれども。

2007年 FTTH世帯普及率 14%
一部の保育・幼稚園、私立小学校において遠隔モニタリングシステムの導入が始まる。

2008年 FTTH世帯普及率 19%
少子化に伴う競争の激化により、私立小学校での遠隔モニタリングシステムの導入がひろがる。
クレーム処理、常時監視下に置かれることの精神的プレッシャーから、保育士、教師の精神疾患や自殺が微増。

2009年 FTTH世帯普及率 26%
X市の公立小学校において、4年生の男子が同級生を刺殺。公立小学校においても遠隔モニタリングシステムを導入せよとの声が高まる。
衆議院選挙を控え、すべての公立小学校・中学校での遠隔モニタリングシステム導入を自民党、公明党、民主党がマニフェストに掲げる。

2011年 FTTH世帯普及率 36%
日教組等の反対運動にもかかわらず、「教育監視法」が与野党の賛成多数で可決。すべての公立小学校・中学校での遠隔モニタリングシステム導入が決定される。
学校に敷設される光ファイバーに関してのみ、NTTの保有する光ファイバーを他の事業者に開放する義務が課せられる。

2014年 FTTH世帯普及率 45%
保育士および教員の自殺が社会問題化。新卒学生の教員志望者が激減。
国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)が、遠隔モニタリングシステム廃止を日本政府に勧告。

2017年 FTTH世帯普及率 49%
教員不足の深刻化。
△市の公立小学校において3年生女子が同級生の首を絞めて殺害。遠隔モニタリングシステムの実効性に疑問の声。

2018年 FTTH世帯普及率 50%
与野党の賛成多数により、「教育監視法」が一部修正され、モニタリング時間の上限が1日2時間までと設定される。
[PR]

  by seutaro | 2006-03-29 01:49 | ネタ

<ネタ>ちと休憩

ここしばらく、「放送と通信の融合」について書いてきたが、仕事が立て込んでいるので、ちと休憩。

最近見つけた面白いものにリンクだけ張っておこう。

ホロフォニクス
http://www.23net.tv/xfsection+article.articleid+69.htm

PCにヘッドフォンを接続して、上のサイトの真ん中あたりにある「ホロフォニクスで録音されたマッチ箱を振る音」や「ラッパの音」をクリックしてみよう。
いや~、世の中、奥が深いですなあ。
[PR]

  by seutaro | 2006-02-17 02:00 | ネタ

<ネタ>ドラえもん最終回2

以前に紹介したフラッシュの漫画版。めちゃくちゃ良く出来ているので、ぜひご覧あれ。

http://csx.jp/~vaiosqare/doraemon/01.html
[PR]

  by seutaro | 2005-12-23 13:47 | ネタ

<ネタ>ベストセラー本ゲーム化会議

う~ん、こんなの読んでたら、楽しくて仕事どころじゃないじゃないか。

http://media.excite.co.jp/book/game/b_n/index.html
[PR]

  by seutaro | 2005-12-17 14:52 | ネタ

<ネタ>ドラえもんフラッシュ2

のび太vsドラえもん
http://cross-breed.com/archives/200312072102.php

のび太vsドラえもん ver.2予告編
http://cross-breed.com/archives/200511160131.php

続きが気になる・・・。

ドラえもんつながりでちょっと面白いサイトを見つけた。

http://www4.airnet.ne.jp/mor/dora/

忘れてたけど、ドラえもんって結構ブラックなところがあるなぁ。

さらにもう1つ、ドラえもんネタ。

http://hendora.com/hendora/hendora07/hendora7-2.htm

分かいドライバー・・・読みたい・・・。

あと、ドラえもんとは全く関係ないが、面白かったのでURLを貼っておこう。

一度もデートしたことない彼女についての質問です
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1033060&rev=1

う~ん、どう考えても、彼女じゃないだろ、それ・・・。というか、質問自体がネタな可能性もあるような。
[PR]

  by seutaro | 2005-11-23 18:18 | ネタ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE