カテゴリ:歴史( 4 )

 

<歴史>「ナショナリスト」の気概

 なんというか、時流に乗り遅れたテーマで申し訳ないのだが、「嫌韓流」についてである。この本に限らず、韓国批判の話でよく出てくるのが、そもそも日本が韓国を合併したときには、韓国はぼろぼろであって、それを日本が出血大サービスで近代化させてやったのだ、だから韓国は日本に感謝すべきなのだ、というような話である。
 この手の話を聞くと、僕は「う~ん」と唸ってしまう。確かに、日本のおかげで朝鮮半島のインフラ整備が大きく進んだのは否定しようのない事実であると思う。が、だからといって「韓国は日本に感謝すべき」というのは、話の筋がちょっと違うのではないかと思ってしまうわけだ。ただ、僕は歴史の専門家でも何でもないので、ここは小熊英二さんの『<日本人>の境界』からの引用で逃げてしまおう(同書、p.163)。

 台湾でもそうだったが、朝鮮においても、一般論壇の(朝鮮の日本への:引用者)同化論はほとんど経済的利害には関心を示さなかった。むしろ、併合によって朝鮮に大量の補助金をつぎこまなければならないことはメディア上で多く指摘され、『万朝報』の社説が「要するに我財界は韓国併合の為に好影響を受くるよりも、寧ろ悪影響を受くること大なるべし」と述べたように、経済的不利がなかば常識となっていた。…コスト論からの併合反対論や経費節減論も存在したが、より多かったのは、「韓国の併合は・・・義侠的行為たるを賞すべし」という自己陶酔だった。当時の論調では、併合はロシアなどの脅威を防ぐ「東洋平和」のために行われたもので、国防力も経済力もない朝鮮の側から併合を申し入れ、日本は義侠心から不利を承知でそれに応じたのだとされていた。

 このように、現代における韓国併合の正当化も、実は当時のメディアの論調とさして変わるところのないものだということができるだろう。ところが、実際には、同じ「日本人」であるはずの内地の人間と朝鮮や台湾の人々の間には様々な差別が存在していた。そのような差別を正当化する論拠とされたのが、「文明化」の度合いであった。要するに、朝鮮・台湾の人々は野蛮であるがゆえに、内地の人間と同じ権利を享受する資格がないとされたのである。そして、朝鮮・台湾の人々が内地の人間と同じ扱いを受けるためには、「日本人」化することが必要だとされた。小熊さんは、松田正久なる人物が『太陽』に掲載した次のような主張を引用している(p.165)。

日本人として用をなさざる人口を幾許加えた処で国家の慶事でない、却って厄介を増すばかりである。故に是非とも之を同化して日本人としての用をなすに至らしめなければならぬ。乃ち結局は兵役にも服して帝国北門の干城たるに至らしめなければならぬ。・・・朝鮮人が日本に同化して北門の干城たるに至つた日こそ始めて帝国は朝鮮併合の報償を得たりと謂ふべきである。

 この主張に典型的に示されるように、韓国併合はロシアの脅威への対抗という意味合いがかなり強かったことは否定しえない。そして、国防という観点から併合を行ったのであれば、近代化のための投資を行うことは当たり前ではないだろうか。

 ロシアが実際に攻めてきたとして、橋もかかってません、道路も整備されていませんでは、兵站が確保できないではないか。朝鮮人の徴兵は、彼らに武器を渡すことの抵抗感から実際には慎重であったようだが、遠い将来には「日本人」として国防の任に就くことも期待されていたのだろう(1944年に導入された)。そのためには、社会保障や教育制度の充実が不可欠になる。

 実際、たとえば英国などでも、社会保障の充実が図られた背景には、労働者から徴兵された人びとの健康状態があまりに酷く、兵士として使い物にならなかったということがある。従って、日本による朝鮮半島の近代化が日本人の「義侠心」によるものというのはあまりにファンタジックな見解であり、その背後には冷徹な軍事的な計算が働いていたというほうが妥当ではないだろうか。

 ここで問題となるのは、このような観点から行われた日本による朝鮮半島の「近代化」にそこに暮していた人々が感謝すべきか、ということだろう。経済的な合理性の観点からすれば、答えは「イエス」である。実は、僕は民族の独立や尊厳といった問題よりも、人びとの生活水準の向上を重視する傾向にあるので、外国の支配であろうとなんだろうと、そこに暮らす人々が幸せになるならそれで良いじゃないかと思ってしまうわけだ。

 ところが、そういう発想だけで動かないのが世の常である。たとえば、政治学者のハロルド・ラスキは「善政といえども、それは自治の代用物ではない」との言葉を引用しているが(『近代国家における自由』、p.245)、1950年代から1960年代にかけて世界各地で行われた反植民地闘争も多くの場合、経済的な合理性に反して行われた。つまり、先進国の植民地支配に置かれていたほうが経済的な利点が大きかったにもかかわらず、人びとはそれを放棄し、自らの自治と尊厳を勝ち取るための闘いに身を投じたわけだ。

 ここで気になるのが、「近代化してやったのだから、韓国人は日本の統治に感謝すべき」とか言っている人たちは、同時にまた、経済的利害を「尊厳の問題」に優先させることをもっとも嫌がりそうな人たちだということだ。たとえば、靖国問題にしても、最大の貿易相手国とトラブルに陥るぐらいだったら、首相の靖国参拝なんか止めちまえ、というのが経済合理的判断ではないかと思われる。実際、財界では首相の靖国参拝に批判的な声が多い。

 ところが、それでも靖国参拝にこだわる人たちが盛んに持ち出すのが「国家の尊厳」だとか「内政干渉」だとかいう話であり、要は「心の問題」にカネを絡ませるなということだ。ということは、韓国人には尊厳は必要ないが、我々には必要だということなのだろうか。

 付け加えると、たとえば今後、仮に日本経済が破綻し、多くの人たちが生活苦にあえぐようになったとしよう。そこで、アメリカが「我々に併合されれば、経済を再生させてあげるよ。ただし、日本は完全に対中国のための軍事拠点にするからよろしく」と言ってきた場合、そういう人たちは素直に「うん」と言えるだろうか(僕はそれなりの保証さえあれば「うん」と言ってしまいそうであるが)。基地経済という言葉があるように、沖縄は米軍による駐留によりかなりの経済的メリットを受けているわけでもあるが、沖縄県民は米軍に感謝すべきなのだろうか。

 無論、日本に併合された当時の荒廃した朝鮮半島と、現在の豊かな日本社会とを比較することには無理があるとの批判が生じるだろう。しかし、となると結局は、「民族の独立」だの「尊厳」だは富者または強者のみに許される贅沢品なのだということになる。いわば、「当時の厳しい国際環境を考えれば、朝鮮人の独立なんて夢のまた夢なのであり、日本に併合された分だけまだマシ」みたいな話になるのかもしれない。けれども、後発組とはいえ日本自体が植民地の獲得に乗り出し、そうした厳しい国際環境を作り出す上で一役買っていたのだから、そこで偉そうにふんぞりかえるのも何か筋が違うような気がする。

 長くなってきたので、まとめよう。「嫌韓流」の人は、「日本を貶める韓国」が嫌いなのだから、ナショナリストなのだろう。だが、ナショナリストなのであれば、近代化や投資といった「カネ」の原理を、民族の尊厳や独立といった「心」の原理よりも重視するというのはいかがなものか、と思うわけだ。

 ちなみに、戦前の著名な民族主義者である中野正剛は『満鮮の鏡に映して』という本を著している。最後に、この本に関する小熊さんの記述を引用しておきたい(前掲書、p.227)。

「満朝にはやつれ果てたる大和民族の影が映って居る」という言葉から始められるこの本では、朝鮮人や中国人を差別する日本の醜さが繰り返し告発されている。中野がもっとも非難したのは、「長い物には巻かれよう、弱いものなら踏みつけてやれといふ」「日本人の卑劣思想」から、「米国の排日案の前に叩頭しながら・・・[朝鮮人に対しては:原著者]学校焼討の武勲に誇る我国の現状」であった。

 中野は、朝鮮の独立は国際情勢から見て困難だとの立場を取っていたものの、朝鮮人の民族意識を高く評価していたのだという。要は、自分の民族を大切に思うからこそ、日本人の差別意識を厳しく告発する一方で、朝鮮人の民族意識を理解する、ということなのだろうか。

 ま、ナショナリストではない僕にとっては、遠い話なのではあるが。
[PR]

  by seutaro | 2006-04-02 02:05 | 歴史

<歴史>親日人名辞典

昨日のニュースになってしまいましたが、『毎日新聞』でこんなニュースを目にしました。


韓国:朴元大統領、朝鮮日報元社長…「親日人名辞典」に3090人--市民団体選定
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/korea/news/20050830ddm007030015000c.html
韓国の歴史学者らでつくる市民団体「民族問題研究所」などは29日、「親日人名辞典」を作成し、掲載予定の第1次名簿3090人の名前と掲載理由を発表した。名簿には、朴正煕(パクチョンヒ)元大統領や大手新聞社、有名大学の創立者らが含まれており、波紋を広げている。

 発表資料によると、1905年に朝鮮が外交権を奪われた日韓保護条約の前後から、植民地統治から解放される45年までの期間、「売国」者や日本帝国議会議員、官僚、警察など13分野に分けて「親日派」を選定。05年当時に首相だった李完用ら歴史上の人物が「売国」分野に含まれたほか、軍関係では日本軍中尉だった朴元大統領も記載された。また、20~30年代に活躍した学会や言論界の組織幹部も対象となり、当時の朝鮮日報社長や編集局長、東亜日報の創業者、梨花女子大や高麗大の総長の名前も挙がった。

 僕は別に自分では「嫌韓派」ではないし、日本による朝鮮半島統治を美化したいなどとも思ってはいないわけですが、こういうニュースを見ると、なんか寂しい気持ちになります。

 当時の朝鮮人のなかで、日本の支配に正面から対抗することで独立を勝ち取ろうとする人たちは当然いました。けれども、「圧倒的な国力を有する日本を相手に正面から戦うことは、むしろ朝鮮人自身をより深く傷つけてしまうのではないか。それよりもむしろ日本に協力することで大日本帝国内での朝鮮人の地位向上を目指すべきではないのか」と考えた人たちがいたとしても不思議ではありません。

 小熊英二『<日本人>の境界』(新曜社)の第14章に登場する朴春琴(パクチュングム)は、まさにそういう考え方をした人でした。彼は、朝鮮系であることを公言しながら1930年代に東京四区から衆議院に出馬し、当選を果たした人物です。彼の発想は、朝鮮人に日本軍への兵役義務を与えることで、朝鮮人への参政権の賦与や内地-朝鮮の渡航制限の撤廃を目指す、というものでした。

 詳しくは、小熊氏の著書に譲りますが、日本政府は1918年の米暴動以来、朝鮮半島でのコメの増産を推進していました。ところがその後、朝鮮も内地も豊作が続いたことから、コメの価格が暴落し、大恐慌の到来ともあいまって、農村は深刻な苦境に陥ることになります。そこで、日本政府は法律によって朝鮮半島・台湾からのコメの移入制限を行おうとします。その法律により朝鮮半島や台湾の農村が苦境に立たされるであろうことは自明でした。そして、そのような日本政府の方針に議会で最後まで抵抗したのが朴春琴でした。最後は議会で絶叫しながら、法案に反対したのだそうです。

 その後、彼は1942年の選挙で落選し、戦後は朝鮮半島に戻ることも出来ず、在日朝鮮人連盟からは民族反逆者としてのレッテルを貼られます。韓国では「反民族行為処断法」によって手配されていたそうです。そして、日本政府からも国籍を剥奪された彼は、「外国人」として1973年に東京で没したそうです。

 彼は、大日本帝国議会の議員であったという点で明らかに「親日派」でした。しかし、彼が朝鮮人のことを必死で考え、そのために体を張っていたことは否定しがたいように思われます。そして、おそらく今回の「親日人名辞典」に名前が掲載された人びとのなかにも第二、第三の朴春琴がいたのではないでしょうか。

無論、独立のために体を張っていた人にとっては、そうした人びとは「裏切り者」以外の何者でもなかったでしょう。けれども、朴春琴のような「愛国者」のことを考えるとき、僕は歴史のため息を聞いたような気持ちになるのです。
[PR]

  by seutaro | 2005-09-01 00:09 | 歴史

<歴史>「南京大虐殺」について(2)

さて、ちょっと間が空いてしまったが、前回は「南京大虐殺」の真相が、中国側のプロパガンダによって判断しづらくなっていることを指摘し、そのために「主張→現実の判断」というレベルで論争が行われるようになっていることを示唆した。
すなわち、簡単に言えば、「南京大虐殺は幻」と考える人たちには「新しい歴史教科書を作る会」のような保守的な考えの持ち主が多く、「南京大虐殺は本当にあった」と考える人たちはリベラルというか進歩的な考え方の人たちが多いということだ。
でもまぁ、これは当たり前といえば当たり前であって、過去の賛美を行いたい人たちは「歴史の恥部」を可能な限り矮小化しようとするだろうし、進歩的な人たちは戦前の日本に対して極めて批判的なことが多いため、「南京大虐殺」も戦前日本の病理の表出として捉えられることになる。
さらに、こうした思考の「傾向」は、「南京大虐殺」のような歴史的事件だけではなく、その他の様々な事象にも応用されうる。たとえば、保守の側の人たちの大まかな見解を単純化すると、とにかく戦前日本の「伝統」はすばらしいのに対し、戦後民主主義はダメダメだという基本的な構図がある。そしてその構図から、たとえば家族という「伝統」を否定するフェミニズムは「悪魔の思想」だし、戦後の「歪んだ人権感覚」に立つ少年法などはさっさと改正して厳罰化をするべきだし、「戦後教育の荒廃」をもたらした元凶たる教育基本法もまたさっさと改正すべきだし、「左翼集団」である朝日新聞や日教組は弾圧しても構わないぐらいだし、国家の礎たる軍事力を整備するためにも憲法改正は絶対的に必要だ、ということになる。ま、言い方を換えれば、これは非常にパターン化された思考方式である。
無論、進歩派の側はこのネガとなるような認識を持っていることが多く、それもまたパターン化された思考方式となっている。そのため、これらのパターン化された主張は、最初から結論が見えてしまっていて、正直、新鮮味はないし、面白くもない。言わば、タイトルを見ただけでなんとなく本の主張が透けて見えてしまうような書籍がそれにあたる。新聞の社説を読む気があまりしないのも、そうしたパターンの反復にすぎないことがあまりに多いからだ。
それに対して、はるかに面白いのが「ねじれた」思想である。たとえば、護憲派だが少年犯罪の厳罰化には賛成だとか、フェミニズムには大賛成だが教育基本法は改正すべきだとか、いわゆる一般的な思考パターンからは外れた組み合わせである。何らかの一貫した世界観がなく単に場当たり的な主張をしているにすぎないというのは論外だが、深い考えに基づいた「ねじれ」は極めて興味深い。つまり、そうしたパターンからの逸脱を、その論者がどのように処理しているのかが面白いのだ。
ここで南京大虐殺に話を戻せば、宮台真司氏は「南京大虐殺」の有無によって、第2次大戦における日本の戦争行為の是非を語ることは誤りだと断じている(『戦争論妄想論』p.47)。言い換えれば、「南京大虐殺」は存在しないと主張する一方で、日本の中国に対する戦争は紛れもない侵略であったという立場や、存在したとしても侵略ではなかったとする立場もまた可能だということだ。そういう一般的ではない意見の表明を行う場合、そのロジックを組み立てるにはオリジナリティが必要となるのであり、だからこそ面白い意見となる。
ただし、これだけ類似した主張の書籍等が出版され続ける背景には、そうしたトリッキーさを好まず、自分が安心して聞くことのできる一般的な主張の流れを好む人もまた多いということがあるのだろう。だが、残念ながらそれは、決して何かを学ぼうとする姿勢ではない。
[PR]

  by seutaro | 2004-10-19 23:16 | 歴史

<歴史>「南京大虐殺」について(1)

さて、昨日は少年犯罪論争を例にとって、人は結局、見たいように現実を解釈する傾向があるということを述べた。少年犯罪という現在の事件ですら解釈が分かれるとすると、歴史の解釈をめぐる論争などは殆ど決着がつかないのではないか、という気すらしてくる。
そうしたもはや決着不可能な歴史論争の代表例が、「南京大虐殺(南京事件)」をめぐるものであろう。つい先日も、本宮ひろ志「国が燃える」というマンガが、「南京大虐殺」の描写が不適切だったとして休載することになるという事件が起こっている。
で、ここから先に話を進めるにあたっては、あらかじめ僕の見解を述べておいたほうがいいだろう。僕は、日本軍が中国大陸でろくでもないことをしたことは否定しようのない事実だと思っている。だから、日本軍は南京でも多かれ少なかれヒドイことをやったんじゃないだろうかと思っている。
が、他方において、そうした日本軍の悪行が中国側のプロパガンダによって誇張されていることもまた事実だと考える。ジグムント・バウマンは『社会学の考え方』(名著だが絶版のようだ)において次のように述べている(p.61)。

「外集団のメンバーに対する自分の残虐な行為が道徳的良心と衝突しないように思われるのに対して、もっと軽い行為が敵によってなされた場合には激しい非難が求められる。」

要するに、敵を100人殺せばそれは英雄的行為と見なされるのに対し、敵が味方を30人殺せばそれは卑劣な行為として見なされるということだ。実際、戦争プロパガンダにおいては敵の極悪非道さが強調されるのが常であり、そのことはサム・キーン『敵の顔』などによって論じられている。それゆえ、「南京大虐殺」が日本のイメージを悪化させるための絶好のプロパガンダとして利用されたということは十分に考えられるだろう。こうしたプロパガンダの影響もあって、1937年12月に南京で本当に何かあったのかを明らかにすることは極めて難しくなっていると言いうる。
そして、こうしたことから、結局のところ「南京大虐殺」をめぐる論争も、昨日述べた「主張→現実の判断」というレベルで行われることになっていく・・・。

と、ここまで書いたところで、またまた時間が厳しくなってきた。「ねじれ」の話はまた今度ってことで~。
[PR]

  by seutaro | 2004-10-15 23:22 | 歴史

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE