<   2005年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

<政治・社会>構造改革なんてやめちまえ

総選挙が近づいてきて、政界もマスコミも大騒ぎってところなんですが、正直、投票したい政党がなくて困ってます・・・。

右を見ても、左を見ても改革、改革で、どう見ても改革が自己目的化しているとしか思えません。改革した後の制度が改革前よりも優れているなんて保証はどこにもないにもかかわらず、改革に反対する者=既得権益にしがみつく売国奴、みたいな論調がいたるところに見られます。

あと、消費税アップだとか社会保険負担の増額だとか、そういう国民にキビシイ要求を行う政治家が「真に国益を考えている政治家」で、景気回復だとか財政出動だとか国民に優しいことを言う政治家は「選挙民に媚びている守旧派」なんていう安易な構図がマスコミで採用されているのも腹立たしいですね。自らの失政を覆い隠すためだけに国民に「痛み」を突きつけている可能性も少しは検討したほうが良いのではないでしょうか。

今回の選挙の争点は、「大きな政府」か「小さな政府」かの選択だとしばしば言われます。しかし、あらかじめ言っておかねばならないのは、日本は既に相当小さな政府だということです。この点については、現役官僚のBewaad氏のblogのココや、ココを見てもらえれば分かるように、人員の面でも規制の面でも日本は決して大きな政府ではないのです。

そもそも、今の日本において最も重要なことは、下手に構造改革なんぞをやって景気を悪化させることではなく、金融政策および財政政策によってデフレを解消することに他ならないと思います。

「構造改革によって政府支出を大幅に削減しました。多少、失業者が増えて景気も悪化しましたが、これで政府の赤字も減るはずです!・・・あれ、税収が減ったから、もっと赤字だ・・・」

なんてことになったら頭悪すぎです。「手術は成功したが、患者は死亡しました」みたいな感じでしょうかね。

単純に比較するのはどうかと思うのですが、バブルの頃には60兆円あった税収は、いま40兆円しかありません。これを増税でまかなうなんてのは愚の骨頂で、とりあえずインフレターゲットでも何でも導入して、デフレを克服し、経済成長率を回復しない限り、財政改革もまたありえないのではないでしょうか。インフレが進んで余裕が出てきたところで、構造改革でも何でもやりゃあいいと思うのですが・・・。

どっか、こういう方針を打ち出してくれる政党はないでしょうか。国民新党がもうちっとこういう方向を明確にしてくれたら、しょうがいないので比例では投票しちゃいそうなんですが。

<追記>ちなみに、このエントリ、勢いで「構造改革なんてやめちまえ」と書きましたが、構造改革自体の必要性を否定しているわけではありません。ただ、このデフレのご時世に構造改革やって景気悪くするのだけは止めてほしいという切なる願いを表明したわけです。

実際、景気が回復して、日本経済に余力が出てきた段階においてなら、構造改革を支持することはできると思います。が、あくまで「順番が大切」というのは、多くの方々が既に指摘していらっしゃる通りです。

仮定の話をしてもしょうがないのですが、今後、景気が良い状態が訪れたとして、その場合には構造改革を実施できるのかという問題が生じてくることになるでしょう。そして、その時こそ「既得権益にしがみつく抵抗勢力」との戦いが待っているのかもしれませんね。<05.9.3>
[PR]

  by seutaro | 2005-08-28 11:34 | 政治・社会

<学問>論文締切り間近

論文の締切りが近いというのに、なかなか筆が進まない・・・。
そなたんには悪いんだけど、しばらくパパは休日もパソコンに向かうのです。
でも、論文書くのって、やっぱり疲れる作業です。
[PR]

  by seutaro | 2005-08-27 20:45 | 学問

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE