<   2010年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

<日常>断乳

 うちの奥さんが断乳した。要するに、もうゆき坊には母乳を与えないということだ。

 これは結構、大変な決断なのである。なぜなら、母乳を貰えないゆき坊は夜中に大泣きする。特に奥さんの顔を見ると、母乳が欲しくなるので、いつまで経っても泣き止まない。

 そこで、登場するのが乳ならぬ父なのである。むう、下らないぜ。

 午前3時だろうが5時だろうが、そんなの関係ないのである。眠気の充満した頭で、ゆき坊をだっこしながらリビングを行ったり来たり。夏場なら外に出ても構わないのだが、いまの時期はさすがに寒い。それに花粉が充満している外気は有毒だ。

 そういえば、そなたんが1歳の夏も夜泣きがひどかった。当時住んでいた家は防音がしっかりしていなさそうだったので、夜泣きのたびに僕はそなたんと一緒に家の周りを徘徊していた。家の外に出た瞬間に泣き止みはするのだが、すぐに帰ると寝かしつける間もなくまた泣き出してしまう。長いときには1時間ぐらいは外にいたように思う。

 ゆき坊の話に戻すと、ようやく落ち着いてきたかと思ったら、今度は奥さんが「つわり」みたいになってきた。もちろん、第三子という話ではない。人によっては、断乳したあとにホルモンバランスが変化するせいか、つわりに似た症状を発するのだという。

 というわけで、今日の晩ご飯は某オリ◯ン弁当であった。いざ買いに行こうとすると、そなたんが一緒に行くという。可愛い奴め。

 って、なんだ、その手に持っているのは…。缶ぽっくり?

 うまく説明できないが、要はあれだ、空き缶2つに紐をつけて、下駄みたいにして歩くやつだ。そ、それで行くというのか…

 普通に歩けば5分の道のりを3倍ぐらいの時間をかけて行く。いったい、いつになったらオ◯ジン弁当に着くんだろう、と空を仰ぐのであった。
[PR]

  by seutaro | 2010-03-16 00:49 | 日常

<日常>この週末

<土曜日>
 今日は夕方から奥さんがママ友の食事会で不在。なので、そなたんとゆき坊を僕一人で面倒見ることに。

 夕方に近所の遊戯施設で1時間ほど遊び、その後、そなたんのリクエストにより某ファミレスへ。なんでも、そこで売っているドラえもんのキーホルダーを買いたいのだそうな。

 それにしても、そなたんはまあよい。もう5歳だし、一人でドリンクバーのジュースを注いでこれる。問題はゆき坊だ。まだ1歳2ヶ月で、なにをするか本当に予測できない。突然、椅子から立ち上がるなんてのは序の口である。奥さん抜きで本当にくぐり抜けられるのか、正直に言えば不安である。

 最初、ゆき坊にポテトを与えてご機嫌をとろうとしたがうまくいかない。ただ、どうやらレタスが食べたかったらしく、前半はそれをあげることでしのげた。まあ、足元はレタスの残骸だらけにはなったが。後半はポテト。これまたポテトの残骸が足元に。

 しかし、最後のほうは集中力が切れたか大暴れ。僕はアイスコーヒーを一気飲みしつつ、残飯の散乱する足元を綺麗にし、なんとか帰途につくことに成功した。本当に薄氷を踏む思いである。

 帰りの車中、そなたんが突然、「パパ、一人で出来たね。ご苦労様。おうちに帰ったらゆっくり休んで」と言う。誰の真似だかは知らないけれど、とりあえず大いに笑わせてもらった。

 
<日曜日>
 今日の午前中は、奥さんが所用のため早朝から実家に。僕はそなたんとゆき坊と一緒に『ハートキャッチ・プリキュア』を鑑賞。ゆき坊はストーリーを全く理解していないだろうが、エンディング・テーマはノリノリで聞いていた。

 昼前に奥さんが帰ってきて、今度は家族4人でさいたまスーパーアリーナへ。NHKの『おかあさんといっしょ』のコンサートがあるのだ。

 抜群に良い席で、体操のお姉さんやモノランモノラン、ぐーチョコランタンたちを間近で見た。子どもたちもさすがに最後のほうは疲れていたものの、全体としては大興奮であった。ちなみに、うちの奥さんも言っていたが、体操のお姉さんはテレビで見るより、実物のほうがよい。

 それにしても、『おかあさんといっしょ』の動員力は凄まじい。やたらめったら人がいたが、それでも今日行われた3回の公演のうちの1回にすぎない。関連グッズも飛ぶように売れていた。

 コンサート後は会場近くのイトーヨーカドーで買い物をして帰宅。帰宅後、今日買った折り紙でそなたんがオリンピックのメダルを作り出した。そなたんは言う。

 「浅田真央ちゃんに銀メダルをあげたい」

 「いやいや、銀メダルはもう持っているから、金メダルにすれば?」

 ところがである。蓋を明けてみれば、金メダルはそなたん本人がもらうのだという。ただ、本人も釈然としないところがあるらしく、「でも、そなたん、何にもしてなのに、金メダルもらっちゃっていいのかなぁ」などと言っている。

 それを聞き、金メダルをもらうには、ひたむきな努力と才能が必要なのだということを娘に訥々と説く父であった。 

 いや、まあ金メダルもらったことないから知らないけど。
[PR]

  by seutaro | 2010-03-01 02:20 | 日常

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE